詐欺

2021年04月28日

百貨店職員を名乗る不審電話事案、現金引き出した中国国籍の男を逮捕

2021/4/27 BSS山陰放送

鳥取大丸の職員を装い手に入れたキャッシュカードで、現金約150万円を引き出したとして、27日、中国国籍の男が逮捕されました。

窃盗の疑いで逮捕されたのは、自称・東京都在住の日雇い労働者の容疑者(34歳)。容疑者は4月14日、鳥取大丸の職員を装い手に入れた、鳥取市に住む80代女性のキャッシュカードを使い、ATMから現金約150万円を引き出した窃盗の疑いがもたれています。
調べに対し、容疑者は、「知らない人のキャッシュカードを使って、現金を引き出したことに間違いありません。」と容疑を認めているということです。

鳥取県内では、4月中旬から、百貨店職員を名乗る不審電話が30件ほど確認されていて、警察は余罪を調べるとともに、容疑者をいわゆる「出し子」とみて、関連の被害についても調べを進めるとしています。

financial_security at 10:57|Permalinkclip!

2021年04月26日

タイ拠点とみられる特殊詐欺グループ指示役逮捕、70代女性のキャッシュカード詐取未遂で

2021/4/24 ABCニュース

2020年2月、奈良県に住む70代の女性から、キャッシュカードをだまし取ろうとしたとして、タイを拠点にしているとみられる特殊詐欺グループの指示役の男が逮捕されました。
窃盗未遂の疑いで逮捕された容疑者(39)は2020年2月、奈良県に住む70代の女性に「詐欺グループが偽装カードを使って出金している」などとうそを言い、キャッシュカード2枚をだましとろうとした疑いが持たれています。キャッシュカードはすぐに凍結されたため、現金が引き出されることはありませんでした。

この事件をめぐっては、実行役の20代と50代の男2人が逮捕・起訴されていて、2人の関係先として容疑者が浮上していました。警察によりますと容疑者はタイを拠点に活動しているとみられる特殊詐欺グループの指示役で、タイから実行役の2人に指示を出していたということです。
警察は容疑者の認否を明らかにしておらず、他にも余罪があるとして捜査しています。


financial_security at 11:45|Permalinkclip!

2021年04月08日

コロナ支援金を代わりに申請する、知人通帳から36万円引き出し、26歳の男逮捕

201/4/8沖縄タイムス

知人のキャッシュカードや預金通帳を使い、現金を引き出したとして、那覇署は7日、那覇市の自称自営業の男(26)を窃盗容疑で逮捕した。署は捜査に支障があるとして、認否を明らかにしていない。

容疑は昨年12月3日から8日にかけ、知人の20代男性から銀行の通帳やキャッシュカードを借り、コンビニの現金自動預払機(ATM)から現金計36万円を引き出した疑い。
署や県警組織犯罪対策課によると、新型コロナウイルス感染拡大で困窮する人にも貸し付けている「総合支援資金」を知人男性に紹介。「代わりに申請する」などと持ち掛け、申請後、入金された現金を引き出したという。


financial_security at 14:53|Permalinkclip!

2021年02月08日

みずほ銀行元行員逮捕 支店から5200万円窃取の疑い

みずほ銀行の支店から現金約5200万円を窃取したとして、警視庁は7日、支店に勤務していた容疑者(40)を窃盗の疑いで逮捕し、発表した。容疑をおおむね認め、「海外旅行や洋服の支払いに充てた」などと供述しているという。

麻布署によると、容疑者はみずほ銀行広尾支店(東京都港区)に勤務していた2017年12月下旬〜19年4月中旬、行内のシステムを操作し、十数回にわたって支店長が管理する現金計約5200万円を引き出して盗んだ疑いがある。融資担当をしており、個人客から追加のローン申請があったとする虚偽の書類を作成し、上司から現金を引き出す許可を得ていたという。
銀行が不審な引き出しに気づき、19年10月に警視庁に相談した。容疑者は03年4月入行の正社員で、事件発覚後の19年10月に懲戒解雇されたという。

2021/2/7朝日新聞デジタル

financial_security at 15:47|Permalinkclip!

2020年11月14日

ショートメールで宝くじに当選、信じた50代男性が806万円詐欺被害

高額の宝くじの当選金などを受け取るためという うそを信じた高知県南国市の男性が806万円をだまし取られました。
「ロト6で1等、3億5千万円に当選しました」

これは今年5月、南国市に住む50代の男性会社員の携帯に届いたショートメールです。男性は情報登録料の支払いを求められ指示されるまま73店のコンビニで何度も電子マネーを購入。686万円以上をだまし取られました。
その後も新型コロナウイルスの助成金13億円や生活福祉金5億円を受け取るためという同じ手口で、今年9月までにあわせて806万円をだまし取られました。
県内の今年の特殊詐欺の被害額は1億円に達し、すでに去年1年間の2倍を超えています。

2020/11/13高知さんさんテレビ

financial_security at 16:09|Permalinkclip!

2020年11月13日

被害1億円超の特殊詐欺グループ摘発、金の一部は国内の中国系企業に

特殊詐欺グループの現金回収役の男ら4人が警視庁に逮捕されました。このグループによる被害額は1億2000万円以上に上るとみられ、金の一部は中国に送金されたとみられています。

窃盗の疑いで逮捕されたのは、東京足立区の会社役員の容疑者(42)、中国籍の容疑者(46)ら4人です。容疑者らは去年6月、渋谷区の80歳の女性にうその電話をかけキャッシュカード4枚を盗み、現金283万円を引き出した疑いがもたれています。

4人のうち容疑者ら3人は、出し子が引き出した現金の“回収役”で、
このグループによる被害額は去年から今年にかけて少なくとも1億2600万円とみられています。
警視庁は、こうした金の一部が日本国内の複数の中国系の会社を通じ、中国に送金されたとみて調べています。

2020/11/12TBS系(JNN)




financial_security at 15:02|Permalinkclip!

2020年10月10日

「郵便局長しか入れない積立」と多額詐取、日本郵便元社員に懲役4年6月の地裁判決

郵便局長を装って積立定期貯金を持ちかけ、高齢女性から現金をだまし取ったなどとして、詐欺罪と窃盗罪に問われた日本郵便の元社員(63)(千葉県市原市)に対し、千葉地裁は7日、懲役4年6月(求刑・懲役6年)の判決を言い渡した。
判決によると、元社員は2015年11月頃から約3年間、自身の元顧客3人に「郵便局長しか入れない利率のいい積立定期がある」などとうそを言って、現金計約4310万円をだましとった。また、不正に入手した元顧客のキャッシュカードを使って計約290万円を引き出した。

2020/10/9読売新聞オンライン

financial_security at 16:01|Permalinkclip!

2020年09月17日

三菱UFJの元嘱託職員、「借金返済のため」金庫から3500万円盗んだ疑い

勤務していた銀行の金庫から現金3500万円を盗んだとして、大阪府警高石署は15日、三菱UFJ銀行の元嘱託職員の男(64)(鹿児島市)を窃盗容疑で逮捕した。「借金返済のため盗んだ」と容疑を認めているという。
発表では、男は3月30日、勤務していた同行羽衣支店(高石市)で、金庫に保管されていた現金3500万円を盗んだ疑い。当時、現金の運搬業務に従事し、金庫の鍵を扱う立場だった。

同日、金庫にお金がないことに気付いた同支店が高石署に被害を届け出た。防犯カメラには、段ボール箱に現金を入れる男に似た人物が映っていた。男は事件直後に早退し、連絡が取れなくなっていたという。

2020/9/17読売新聞オンライン

financial_security at 13:51|Permalinkclip!

2020年09月11日

警察官になりすまし「カード窃盗」 多賀城の男を逮捕 特殊詐欺の受け子か

警察官になりすまし、宮城県名取市の80代の女性からキャッシュカード1枚を盗んだ疑いで、
多賀城市の30歳の男が逮捕されました。警察はこの男を特殊詐欺の受け子とみて調べています。

逮捕されたのは、多賀城市の契約社員の容疑者(30)。警察によりますと、容疑者は9月9日、偽造した警察官の身分証を身に着けて名取市内の80代の女性の自宅を訪れ、キャッシュカード1枚を盗んだ疑いが持たれています。

容疑者は、女性にキャッシュカードと暗証番号を書いた紙を封筒に入れてもらった後、別の封筒とすり替える手口でカードを盗んだとみられています。調べに対し、容疑者は「間違いない」と容疑を認めているということです。
警察によりますと、9日、名取市内では特殊詐欺の予兆電話が相次ぎ、警察が警戒していたところ、
被害者の家を出入りする容疑者を発見したということです。警察は、共犯者や余罪についても調べています。

2020/9/11 仙台放送


financial_security at 15:01|Permalinkclip!

警察官になりすまし「カード窃盗」 多賀城の男を逮捕 特殊詐欺の受け子か

警察官になりすまし、宮城県名取市の80代の女性からキャッシュカード1枚を盗んだ疑いで、
多賀城市の30歳の男が逮捕されました。警察はこの男を特殊詐欺の受け子とみて調べています。

逮捕されたのは、多賀城市の契約社員の容疑者(30)。警察によりますと、容疑者は9月9日、偽造した警察官の身分証を身に着けて名取市内の80代の女性の自宅を訪れ、キャッシュカード1枚を盗んだ疑いが持たれています。

容疑者は、女性にキャッシュカードと暗証番号を書いた紙を封筒に入れてもらった後、別の封筒とすり替える手口でカードを盗んだとみられています。調べに対し、容疑者は「間違いない」と容疑を認めているということです。
警察によりますと、9日、名取市内では特殊詐欺の予兆電話が相次ぎ、警察が警戒していたところ、
被害者の家を出入りする容疑者を発見したということです。警察は、共犯者や余罪についても調べています。

2020/9/11 仙台放送


financial_security at 15:01|Permalinkclip!
最新記事
QRコード
QRコード