預金

2021年04月28日

百貨店職員を名乗る不審電話事案、現金引き出した中国国籍の男を逮捕

2021/4/27 BSS山陰放送

鳥取大丸の職員を装い手に入れたキャッシュカードで、現金約150万円を引き出したとして、27日、中国国籍の男が逮捕されました。

窃盗の疑いで逮捕されたのは、自称・東京都在住の日雇い労働者の容疑者(34歳)。容疑者は4月14日、鳥取大丸の職員を装い手に入れた、鳥取市に住む80代女性のキャッシュカードを使い、ATMから現金約150万円を引き出した窃盗の疑いがもたれています。
調べに対し、容疑者は、「知らない人のキャッシュカードを使って、現金を引き出したことに間違いありません。」と容疑を認めているということです。

鳥取県内では、4月中旬から、百貨店職員を名乗る不審電話が30件ほど確認されていて、警察は余罪を調べるとともに、容疑者をいわゆる「出し子」とみて、関連の被害についても調べを進めるとしています。

financial_security at 10:57|Permalinkclip!

2021年04月26日

タイ拠点とみられる特殊詐欺グループ指示役逮捕、70代女性のキャッシュカード詐取未遂で

2021/4/24 ABCニュース

2020年2月、奈良県に住む70代の女性から、キャッシュカードをだまし取ろうとしたとして、タイを拠点にしているとみられる特殊詐欺グループの指示役の男が逮捕されました。
窃盗未遂の疑いで逮捕された容疑者(39)は2020年2月、奈良県に住む70代の女性に「詐欺グループが偽装カードを使って出金している」などとうそを言い、キャッシュカード2枚をだましとろうとした疑いが持たれています。キャッシュカードはすぐに凍結されたため、現金が引き出されることはありませんでした。

この事件をめぐっては、実行役の20代と50代の男2人が逮捕・起訴されていて、2人の関係先として容疑者が浮上していました。警察によりますと容疑者はタイを拠点に活動しているとみられる特殊詐欺グループの指示役で、タイから実行役の2人に指示を出していたということです。
警察は容疑者の認否を明らかにしておらず、他にも余罪があるとして捜査しています。


financial_security at 11:45|Permalinkclip!

2021年04月07日

警戒中の警察官の前にあらわれた不審な少年、他人名義のキャッシュカードで現金引き出した疑いで逮捕

2021/4/7STVニュース北海道
北海道・小樽警察署

北海道小樽警察署は6日、東京都練馬区に住む18歳の少年を窃盗の疑いで逮捕しました。
警察によりますと少年は5日、不正に入手した他人名義のキャッシュカードで小樽市にある商業施設のATMから、現金10万円を引き出した疑いが持たれています。

小樽市では5日、市役所の職員名乗り「還付金がある」といった内容の特殊詐欺の予兆電話が相次いでいて、警察が警戒していたところでした。
パトロール中の警察官が不審な少年を発見し職務質問をしたところ、他人名義のキャッシュカードが出てきて、事件が発覚しました。少年は容疑を認めています。

北海道各地で役所の職員を名乗り「還付金がある」「金融機関はどこをつかっていますか」などと話す特殊詐欺予兆電話が相次いでいて、警察では「還付金がある」などの電話は詐欺の可能性が極めて高いためすぐに警察に相談してほしいとしています。





financial_security at 13:35|Permalinkclip!

2021年02月24日

他人カード使い引き出そうとするも暗証番号違い未遂。

2021/2/22 STVニュース北海道


北海道江別警察署は22日、窃盗未遂の疑いで住居不定・自称とび職の男(35)を逮捕しました。
男は17日、札幌市にあるコンビニエンスストアのATMで不正に入手したキャッシュカードを使って現金を引き出そうとした疑いが持たれています。警察によるとカードは札幌市内に住む80代女性のもので、特殊詐欺の手口でだまし取られたものとみられています。

男は複数回にわたり異なる暗証番号を入力したため、現金を引き出すことはできませんでした。
翌日に江別市内で特殊詐欺の予兆電話が10件以上相次ぎ、警察が付近を警戒していたところ行動が不審な男を発見し、職務質問のうえ警察署へ任意同行を求めましたが、男は応じませんでした。
警察が特殊詐欺に関係している可能性があるとして、男の捜査を進めたところ今回の事件が浮上しました。

調べに対し男は「詐欺グループの指示に従ってやった」などと容疑を認めています。
警察は男が特殊詐欺グループの「受け子」の役割を担っていたとみて、今回の事件で使用されたキャッシュカードの入手経路などを詳しく調べています。

financial_security at 15:45|Permalinkclip!

2020年11月23日

キャッシュカード5枚詐取、封筒に入れトランプ15枚入りとすり替え

21日午後、兵庫県尼崎市の女性(78)が「キャッシュカード5枚を盗まれた」と、兵庫県警尼崎南署に届け出た。同署が窃盗事件として調べている。
同署によると、同日昼、財務省職員を名乗る女から「銀行口座から現金が不正に引き出されている可能性がある。
今から部下が確認に行く」と電話があった。
女性は電話の指示通りに、キャッシュカード5枚と各暗証番号を記したメモを用意。
自宅に現れた30代ぐらいの男が持参した封筒に入れた後、印鑑を求められて離れたすきに、男がトランプ15枚の入った封筒にすり替えたという。
同じ厚さにして怪しまれないようにしたとみられる。
男は女性に「封筒は保管して尼崎北署へ持って行ってください」と述べて立ち去った。女性が同署に問い合わせて、被害が発覚したという。

2020/11/22神戸新聞NEXT





financial_security at 13:31|Permalinkclip!

2020年09月18日

不正出金「底なし」の様相 本人確認、甘さ露呈 岐路の金融デジタル戦略

スマートフォンなどを使う電子決済サービスを通じた不正出金の広がりが底なしの様相だ。
NTTドコモの「ドコモ口座」で発覚した提携銀行からの預金流出の被害は他の決済事業者でも相次ぎ、
銀行側と決済業者の双方で本人確認の甘さが露呈した。セキュリティーを強化するまで入金を停止する銀行も続出。利用客の不安は高まる一方で、金融界のデジタル戦略は岐路に立たされた。

「本人確認と取引の監視など(業界の枠を越えて)安心・安全を確保することが重要だ」。
全国銀行協会の三毛兼承会長(三菱UFJ銀行頭取)は17日の定例記者会見で、銀行界を代表して預金者への謝罪を述べた上で、決済事業者とも協議しセキュリティーの強化を急ぐと強調した。

17日午前0時時点で157件、計2760万円の不正出金を確認した「ドコモ口座」の場合、名義や暗証番号など銀行口座の情報を不正に入手した者が、本人になりすましてドコモ口座に利用登録。盗んだ情報で口座振替を設定して預金を引き出していた。
ドコモ口座はメールアドレスによる簡便な登録で利用できたことが被害を拡大させた。

一方、ソフトバンク系の「PayPay(ペイペイ)」も17日、今年1月以降にゆうちょ銀行や愛知銀行などで18件、計265万円の被害があったと発表した。
ペイペイはより安全性が高いとされる携帯電話のショートメッセージサービス(SMS)による本人確認を導入していた。
しかし、不正に入手した携帯電話を使い本人確認の関門を突破されたもようで、容易には埋められない落とし穴が露呈した格好だ。

被害を防ぐには銀行口座からの振り替え設定時に、ワンタイムパスワードなど口座名義人しか知り得ない情報を入力させるといった銀行側の対応も欠かせない。
金融庁は15日夜にこうしたセキュリティー対策を導入していない場合は決済サービスへの入金を停止するよう要請。16、17両日だけで全国で地方銀行など40行以上が入金を止めた。 

2020/9/18時事通信



financial_security at 10:20|Permalinkclip!

2020年09月03日

認知症女性から600万円窃盗容疑 担当の介護職員逮捕

老人ホームに入所する認知症の80代の女性からキャッシュカードを盗み、預金600万円を引き出したとして、警視庁は、介護職員の容疑者(44)を窃盗容疑で逮捕した。女性は認知症の80代の夫と入所しており、容疑者が2人の介護を担当していたという。

逮捕は2日付。署によると、容疑者は昨年10月〜今年4月に計6回、東京都世田谷区の介護付き有料老人ホームの女性の部屋からキャッシュカードを持ち出し、銀行のATMで計600万円を引き出した疑いがある。介護職員は派遣会社に所属し、数年前からこの施設に派遣されていたという。
女性の親族が今年4月、「カードから現金が引き出されている」と署に相談していた。容疑者は容疑を認めており、「お金がなくてやってしまった」などと供述しているという。


2020/9/3朝日新聞デジタル

financial_security at 19:03|Permalinkclip!

2020年04月09日

特殊詐欺グループ関与の元巡査に懲役5年 横浜地裁

2020/4/8産経新聞

特殊詐欺グループに関与し、被害者からキャッシュカードを盗むなどして、窃盗罪に問われた元神奈川県警巡査の被告(25)の判決公判が8日、横浜地裁で開かれ、裁判官は懲役5年(求刑懲役6年)の実刑判決を言い渡した。

裁判官は量刑理由で、「動機に酌量すべき点は認められず、被害金額は1600万円を超えるなど結果も重大」と指摘。
現職の警察官にもかかわらず、特殊詐欺に加担したことは「職業倫理はもとより規範意識が全く欠落していたというほかなく、犯行は悪質」とした。

判決などによると、氏名不詳者らと共謀し、昨年9月からの約1カ月間に、同県内で発生した複数の特殊詐欺事件に関与。
被害者からだまし取ったキャッシュカードを使い、現金計約1660万円を引き出すなどしたとしている。


financial_security at 11:18|Permalinkclip!

2020年02月02日

客の口座から100万円引き出した疑い、瀬戸信金の職員逮捕

愛知県の瀬戸信用金庫の職員が、顧客だった80代女性の口座から100万円を盗んだとして逮捕されました。逮捕されたのは、愛知県春日井市の瀬戸信用金庫の職員(27)。

警察などによりますと、容疑者は瀬戸信用金庫山口支店で営業として勤務していた今年1月、瀬戸市内に住む80代の女性から預かっていたキャッシュカードを使い、ATMから合わせて100万円を盗んだ窃盗の疑いが持たれています。
先月22日、女性からの相談で犯行が発覚しました。調べに対し、容疑者は容疑を認めているということです。

2020/2/1 CBCテレビ



financial_security at 20:29|Permalinkclip!

2019年12月02日

特殊詐欺団44人を逮捕 フィリピンに回収金運搬 大阪府警など

預金保護名目で高齢者からキャッシュカードを盗んだとして、大阪府警など10府県警の合同捜査本部は28日までに、窃盗容疑で東京都東大和市の無職の容疑者(29)を逮捕した。捜査本部は、府警などが同じ特殊詐欺グループのカードの受け子ら計43人を同容疑などで既に逮捕したことも同日発表した。

府警によると、容疑者はグループ内では現金回収役で、フィリピンにいるグループの上層部に、1回当たり数千万円の現金を今年に入り7回持ち込んだという。
容疑者の逮捕容疑は、7月中旬、警察官などになりすまし、岐阜県の80代女性に電話し、「口座が不正に使われている」などとうそを言い、キャッシュカード3枚を盗んだ疑い。

時事通信2019/11/28





financial_security at 09:07|Permalinkclip!
最新記事
QRコード
QRコード