詐欺

2019年08月18日

17歳の少女、金融庁職員名乗りキャッシュカード盗む

金融庁職員を名乗り、高齢男性からキャッシュカードを盗んだとして尼崎東署は16日、窃盗の疑いで住所不定無職、17歳の少女を再逮捕した。現金約50万円が引き出されていたという。
再逮捕容疑は6月15日、何者かと共謀して宝塚市に住む男性(87)からキャッシュカード1枚を奪った疑い。容疑を認めている。

同署によると、宝塚署員、金融庁職員を名乗る男2人が「キャッシュカードの偽造事件で捜査している」と電話し、その後に少女が同庁職員をかたり男性を訪問。カードの確認を装って封筒に入れさせた上で別の封筒とすり替えたという。少女は7月、尼崎市内の女性から現金200万円を詐取した疑いで同署に逮捕された。


2019/8/16神戸新聞


financial_security at 10:38|Permalinkclip!

2019年08月12日

銀行員名乗り「切り替え必要」高齢女性からカード詐取し現金盗む

兵庫県尼崎北署は11日、詐欺と窃盗の疑いで、千葉県市川市の派遣社員の男(26)を逮捕した。
逮捕容疑は7月4日、何者かと共謀の上、銀行員を名乗って兵庫県尼崎市内の女性(90)方を訪問。
「カードの切り替えが必要」と銀行のキャッシュカード2枚をだまし取り、
同市内のコンビニエンスストアにある現金自動預払機(ATM)で44万円を引き出した疑い。調べに対し、容疑を認めている。

また男は、同市内に住む別の80代の女性からキャッシュカード1枚を詐取したとして、7月26日に詐欺罪で起訴されている。

2019/8/11神戸新聞NEXT

financial_security at 19:00|Permalinkclip!

2019年06月25日

宮城・古川農協 元契約職員の女 300万円盗んだ疑いで逮捕 

ことし5月、宮城県大崎市の古川農協の出張所から現金300万円を盗んだとして、農協の元契約職員の女が逮捕されました。
窃盗の疑いで逮捕されたのは、古川農協の元契約職員(50)です。

警察によりますと、菅原容疑者は、ことし5月17日、当時勤務していた古川農協古川駅前出張所で、金庫から現金300万円を盗んだ疑いがもたれています。
事件当日の業務終了後、ほかの職員が現金の不足に気付き、その後古川農協が、警察に被害届を出しました。
取り調べに対し容疑者は、「生活費にあてようと思った」と話し容疑を認めているということです。

2019/6/25東北放送

financial_security at 19:54|Permalinkclip!

2019年04月26日

富士の女性、カード詐取被害 41万円引き出される

富士市の無職の女性(77)が25日、市役所職員をかたる男らにキャッシュカード1枚をだまし取られたと富士署に届けた。口座からは既に現金約41万円が引き出されていた。同署は窃盗事件として調べている。

同署によると、23日午後3時ごろ、市職員をかたる男から女性宅に電話が入り、「健康保険の過払い金がある。金融機関に電話しておく」と言われた。直後に金融機関の職員を名乗る男からの電話で「悪用防止のため新しいカードを勧めている」と言われ、女性は暗証番号を伝えた。女性宅を訪れた別の男が「古いカードを取りに来た」と女性のカードを封筒に入れるよう求めた。女性が封印用の印鑑を取りに行く間に、カードが入れ替えられていたという。
不審に思った女性が24日に金融機関窓口を訪ね被害に気付いた。

2019/4/26 静岡新聞SBS


financial_security at 09:31|Permalinkclip!

2019年04月23日

特殊詐欺で指名手配の男逮捕 不法滞在でタイで身柄拘束

警察官などを装って高齢女性から現金800万円をだまし取ったとして、奈良県警などの合同捜査本部は20日、詐欺の疑いで、住所不定無職の容疑者(38)を逮捕した。「全く身に覚えがない」と容疑を否認している。

容疑者は奈良、鳥取、島根、高知の4県で計約2800万円をだまし取った詐欺グループの一員。事件後に逃亡し国際手配されていたが、今年3月にタイ警察が不法滞在の疑いで逮捕。20日午前、奈良県警に身柄が引き渡された。

逮捕容疑は複数人と共謀し、平成25年7月23日、奈良市内の無職女性=当時(75)=に警察官や銀行協会職員を装って「高齢者の預金口座が流用されている。銀行協会に預ける必要がある」と嘘を言い、現金800万円をだまし取ったとしている。

県警によると、容疑者は電話をかけたり、現金を運搬したりする役割だったとみられる。合同捜査本部は、詐取した現金の流れや詐欺グループの実態解明を進める。

2019/4/20産経新聞

financial_security at 11:28|Permalinkclip!

2019年04月20日

高校生が金融庁職員かたりキャッシュカードだまし取る。

金融庁職員と偽ってキャッシュカードをだまし取ったとして、兵庫県警伊丹署は18日、自称高校1年で尼崎市の男子生徒(16)を窃盗容疑で現行犯逮捕した。

逮捕容疑は何者かと共謀し、同日午後5時40分ごろから伊丹市内の無職男性(72)宅に金融庁職員を名乗って「キャッシュカードが不正利用されているので交換のために職員に渡す必要がある」などと電話をかけ、カード1枚をだまし取った疑い。男子生徒は容疑を認めているという。

同署によると、電話を不審に思った男性が同署に通報。男性がだまされたふりをしたところ、同日午後7時半ごろ、男子生徒が私服姿で現れてカードを持ち去ろうとしたため、玄関先で同署員が取り押さえた。

2019/4/19 神戸新聞NEXT

financial_security at 13:50|Permalinkclip!

2019年04月18日

改元詐欺、各地で横行=「変更必要」とカード詐取−国民生活センターが注意喚起

5月1日の改元に便乗した特殊詐欺が全国で確認されている。

改元に伴いカードを変更する必要がある」と記した書類を、実在する団体名をかたって送り付け、キャッシュカードをだまし取る手口が横行。預金が引き出される被害も出ており、国民生活センターは注意を呼び掛けている。

那覇市の女性(79)宅に2月上旬、一般社団法人全国銀行協会(東京都)名義の封書が届いた。同封されていたのは「元号変更に伴い変更手続きが必要」と記載された数枚の書類。「元号が変わるからカードも変わるのか」。女性は銀行名や暗証番号などを記入し、返信用封筒で返送した。

事態に気付いたのは、改元詐欺のニュースを目にした3月上旬。カードは返送していなかったため幸い被害を免れた。女性の息子(43)は「何の疑いもなく投函(とうかん)したと言っていた。だまされていると気付いてなかった」と話した。

改元を口実にした特殊詐欺は各地で相次いでおり、神奈川県警は3月、「改元に伴い変更が必要」と手紙を送り付け、カードをだまし取ろうとした男を詐欺未遂容疑で逮捕。埼玉県内では2月、「還付金があるが、改元でカード変更が必要」との電話を受けた70代女性が、自宅を訪れた男にキャッシュカード2枚を渡し、預金約86万円が引き出される被害もあった。


国民生活センターによると、改元に絡む消費者トラブルの相談も寄せられている。被害者の多くが60歳以上で、高額な皇室写真集を一方的に売り付けられた例もあったという。担当者は「電話勧誘はその場で受け答えしないことが重要。改元に伴いカードを変更させることもないので応じないでほしい」と呼び掛けている。


2019/4/8時事通信

financial_security at 13:28|Permalinkclip!

2018年12月07日

特殊詐欺 80代男性が2400万被害 警察かたり「家宅捜索、ホテルへ宿泊を」その間に預金引き出す

警視庁成城署は3日、東京都世田谷区の80代男性が銀行通帳とキャッシュカードをだまし取られ、2400万円が引き出されたと発表した。男性は警察官を名乗った男から「自宅に家宅捜索が入る。ホテルを予約したから宿泊して」と指示され、ホテルに泊まっている間に現金が引き出されていた。被害発覚を遅らせる狙いがあったとみられる。

同署によると、10月中旬ごろ、警察官をかたった男から電話で「あなたは多額の貯金がある。危ないので口座を作り分けた方がいい」などと指示があり、男性は七つの銀行で10口座を新たに開設。11月9日ごろ、宅配便を装い自宅を訪れた男に通帳10通とカード10枚を手渡した。暗証番号は指定された番号を設定していた。

その後、同11日ごろ、再び警察官を名乗った男から電話があり、自宅に家宅捜索が入ると告げられた。男性は男から「新宿のビジネスホテルを予約したので3泊4日で宿泊して」と言われ、4日間にわたり自宅を不在にしていた。

2018/12/3毎日新聞

financial_security at 15:31|Permalinkclip!

2018年09月07日

銀行協会の職員装い15歳の女子高生が窃盗の疑い

銀行協会の職員を装って高齢女性から現金を盗んだとして、女子高校生を逮捕です。

東京練馬区に住む女子高校生(15)は先月、前橋市内のコンビニ店で81歳の女性のキャッシュカードを使い、ATMから現金100万円を引き出した疑いが持たれています。警察によりますと、まず、女子高校生の仲間の男が女性に「他人があなたのカードを使っている」などと嘘の電話を掛けました。その後、銀行協会の職員を装った女子高校生が女性の自宅を訪れ、キャッシュカードを受け取ったということです。

20189/5テレ朝ニュース

financial_security at 09:51|Permalinkclip!

2018年07月12日

浸水で無人コンビニ、男らATMこじ開け試みる

浸水被害を受けた岡山県高梁市で休業中のコンビニエンスストアに侵入し、現金を盗もうとしたとして、県警高梁署は11日、岡山県倉敷市、自称建設業の男(22)と倉敷市内の少年2人(いずれも19歳)を建造物侵入と窃盗未遂両容疑で逮捕したと発表した。

県警によると、3人は9日午前〜10日未明、高梁市内のコンビニ店に侵入し、現金自動預け払い機(ATM)をこじ開けて現金を盗もうとした疑い。男は容疑を否認し、少年2人は認めているという。

店は高梁川の氾濫で浸水。9日午前まで後片づけなどを行っていたが、その後、無人になっていた。10日未明に見回りに来た警備員が、ATMに不審な傷があるのに気付いて110番し、高梁署員が現場近くにいた少年2人を見つけて事情を聞いていた。

2018/7/11読売新聞

financial_security at 09:46|Permalinkclip!
最新記事
QRコード
QRコード