預金

2018年04月23日

本物抜き取り偽物を封筒へ。神奈川で「カードすり替え型」窃盗急増。

本物のキャッシュカードを偽物にすり替え、封筒などに入れた上で相手に返す。こうした「カードすり替え型」と呼ばれる手口の被害が県内で急増している。容疑としては窃盗に該当するが、県警では特殊詐欺グループが考案した新たな手口とみている。被害に遭ったこと自体に、すぐには気付きにくい側面もあり、県警は警戒を強めている。


年の瀬が迫った昨年12月中旬、川崎市中原区に住む80代の無職女性宅にスーツ姿の男が現れた。直前に金融庁職員を名乗る人物から、「あなたの口座から30万円が引き出された。キャッシュカードを使えないようにするため、口座番号や暗証番号を教えてほしい。また、被害額は補償可能なので、これから向かう男に確認のためカードを見せてほしい」と電話が入っていた。

女性が男にキャッシュカードを手渡すと、男は自前の1枚の封筒にカードを入れ、「封筒に上から印鑑を押すので、印鑑も持ってきてほしい」と依頼。女性が持って戻ると、男は封筒ののり付け部分に印鑑を押し、「確認は済んだので、間違ってカードを使わないようこの封筒に入れておきました。来週また連絡するので、それまでは封を開けないでください」。男はそう言い残して、立ち去った。

封筒の中身がコンビニエンスストアのポイントカードだったことに女性が気付いたのは、その日の夜。女性が同居する長女に、その日の出来事をなんの気なく話したときだった。

2018/4/20産経新聞

financial_security at 09:12|Permalinkclip!

2018年04月15日

窃盗未遂で男送検 高齢女性のキャッシュカード使う

札幌市内の金融機関で、高齢者のキャッシュカードを使い現金を引き出そうとした疑いで、35歳の男が15日までに逮捕送検されました。

自称・飲食店従業員の容疑者(35)は13日、札幌市東区の金融機関で、他人のキャッシュカードで現金を引き出そうとした疑いがもたれています。キャッシュカードは、厚別区に住む80代の女性のものでした。女性は今月11日、電話で警察官を名乗る男に「詐欺グループがあなたの口座から現金を引き出した」などと言われ、その後自宅に来た男に、カードを封筒に入れるよう指示されました。

女性はさらに印鑑も取りに行かされ、戻ってきたときに、別のカードが入った封筒が渡されていました。すでに女性のカードで2回、あわせて200万円が引き出されていて、容疑者は張り込んでいた警察に現行犯逮捕されました。

HTB北海道テレビ2018/4/15



financial_security at 19:44|Permalinkclip!

2018年04月05日

カードを取りに来た偽警官が身分証の提示拒否、女性が通報 店で現金引き出す男発見、容疑で逮捕

埼玉県の鴻巣署は3日、詐欺の疑いで、自称東京都豊島区東池袋、無職の男(34)を逮捕した。

逮捕容疑は氏名不詳者と共謀の上、3日午前10時ごろから数回、鴻巣市の女性(84)方に警察官を名乗り「あなたのキャッシュカードが偽造されています」「口座を止める手続きをして新しいキャッシュカードを作りますので、暗証番号を教えてください」「金融庁の者がお宅に伺うのでキャッシュカードを渡してください」などと電話をかけ、同日午前10時半ごろ、女性宅でキャッシュカード3枚をだまし取った疑い。

同署によると、女性が身分証明書などの提示を求めたが応じなかったため、不審に思った女性がすぐに同署に通報。駆け付けた署員が女性方近くのコンビニエンスストアで現金自動預払機(ATM)から現金を引き出そうとしている男を見つけ逮捕した。男は「受け取ったのは間違いない」などと供述しているという。

2018/4/4埼玉新聞

financial_security at 22:10|Permalinkclip!

2018年04月01日

「地方狙い」移動の車中、カード偽造

偽造クレジットカードで商品をだまし取ったとして、中国人偽造グループの男女4人が詐欺容疑などで警視庁に逮捕、起訴されていたことがわかった。

拠点が摘発されないよう、走行中の車内でカードを偽造していたという。同庁は、このグループが10都県で電化製品など約3700点(約9300万円)を詐取したとみて、裏付けを進めている。

逮捕されたのは、東京都豊島区池袋の会社役員(31)ら。起訴状では、昨年5月、岐阜県各務原市のショッピングセンターで偽造カードを使い、掃除機など約30点(計約26万円相当)をだまし取ったなどとしている。

捜査関係者によると、被告は2016年1月〜昨年8月、中国人向けSNSで集めた仲間と、関東地方や東海地方のショッピングセンターやホームセンターなどを回り、偽造カードで電化製品やオムツ、食料品などを詐取していた。

調べに対し、被告は「東京から地方に向かう車内でカードを偽造した」と供述。車からはカードリーダーや、数百人分のカード情報が入ったパソコンが押収された。

被告は「東京は警察に捕まると思ったので地方を狙った。郊外の店は店員のカード確認も甘かった」と供述しているという。

2018/3/30読売新聞

financial_security at 20:25|Permalinkclip!

2018年03月08日

市職員かたりカード2枚盗む 127万円被害

草加署は7日、八潮市の無職男性(87)が市役所職員をかたる男らにキャッシュカード2枚を盗まれ、口座から計約127万円を引き出される被害があったと発表した。窃盗容疑で捜査している。

同署によると、6日午前10時ごろ、男性宅に市役所職員をかたる男らから「医療費の還付金がある」「入金するので口座番号と暗証番号を教えてほしい」などと電話があった。同日正午ごろ、金融庁職員を名乗る男が男性宅を訪れ、キャッシュカード2枚を封筒に入れさせ、中身をすり替えてカードを盗んだという。

2018/3/8産経新聞

financial_security at 10:17|Permalinkclip!

2018年02月24日

ATM18億円不正引き出し 33歳男を逮捕 主犯格の1人か 福岡県内の複数コンビニで被害

福岡など全国のATMで18億円あまりが不正に引き出された事件で、警察は主犯格グループのひとりとみられる男を逮捕しました。

窃盗などの疑いで逮捕されたのは、東京都世田谷区の無職の容疑者(33)です。
警察によりますと、容疑者はおととし5月、仲間と共謀し、南アフリカの銀行の偽造カードを使って、福岡県内の複数のコンビニエンスストアのATMから現金4300万円あまりを不正に引き出した疑いです。

警察は、容疑者が全国で18億円あまりを引き出した一連の犯行を計画した主犯格グループのひとりとみています。

2018/2/22テレビ西日本

financial_security at 15:22|Permalinkclip!

2018年02月15日

封筒すり替え、キャッシュカード盗む 容疑で大学生再逮捕

滋賀県警大津署などは14日、窃盗の疑いで、大学生の男(21)を逮捕した。逮捕容疑は共謀し、昨年12月20日、湖南市の女性宅でキャッシュカード4枚を盗んだ疑い。

同署によると、女性宅に警察官をかたる男から「詐欺グループのリストに名前がある。警察官が家に向かう。カードを入れた封筒を用意して」と電話があった。訪れた男が、女性の封筒を、事前に用意していた封筒とすり替えて盗んだという。

2018/2/14京都新聞

financial_security at 14:24|Permalinkclip!

2018年02月12日

お悔やみ掲示板見て香典練らしの空き巣逮捕

町会の掲示板を見て葬儀を行う家があることを知り、留守を見計らって空き巣に入り、香典などおよそ350万円を盗んだ疑いで無職の男が逮捕された。東京都内では同様の被害が相次いでいて、警視庁が関連を調べています。

窃盗の疑いで逮捕されたのは住居不定無職の容疑者(40)。警視庁によりますと、容疑者は1月5日午前11時ごろ、東京台東区の住宅に侵入し、仏壇にあった香典など現金およそ350万円と、指輪やイヤリングなどを盗んだ疑いが持たれています。調べに対し、容疑者は「生活費欲しさからやった」と容疑を認めているということです。

容疑者の手口は、町会の掲示板を見て葬儀が行われる家を確認し、その家が留守になったのを見計らって空き巣に入り、香典などを盗んでいたということです。


2018/2/6 TOKYO MX

financial_security at 15:14|Permalinkclip!

2018年02月11日

「高齢者の口座狙った」不正送金4.8億円詐取?元行員逮捕 千葉県警

三井住友銀行のオンライン業務端末機で不正に送金するなどし現金約1840万円をだまし取ったとして、千葉県警捜査2課は7日、電子計算機使用詐欺と窃盗の疑いで、同行新松戸出張所の元主任で無職の容疑者(35)を逮捕した。

逮捕容疑は2011年3〜4月、4回にわたりオンライン端末を不正操作し、他の銀行に作った外国為替オンライン預託口座2口座に計約1609万円を送金し詐取。また、顧客5人の口座から計約230万円を勝手に払い戻し盗んだ疑い。

同課によると、容疑者は容疑を認め「高齢者や長期間取り引きがなかった口座を狙った」などと供述。外国為替証拠金取引(FX)に金を使っていたという。発覚し懲戒解雇になった16年6月までの7年間で被害総額は約4億8千万円に上るとみられ、同課は時効になっていない1億2800万円分の立件を視野に捜査している。

同行によると、容疑者は主任の立場を悪用し、顧客の通帳を不正に再発行したり、届け出印を変更して現金を引き出していた。届け出印が変更されていることに顧客が気付き、同行で調査。容疑者の関与が発覚し昨年10月、県警に刑事告訴していた。

2018/2/8千葉日報

financial_security at 08:28|Permalinkclip!

2016年06月22日

海外カード引き出し限度額下げ 銀行が対策

コンビニエンスストアの現金自動受払機(ATM)で偽造クレジットカードを使って現金が不正に引き出された事件を巡り、金融機関が海外カードで引き出せる現金の限度額を引き下げるなどの対応に追われている。ATMの海外カード対応は政府が訪日外国人拡大のため成長戦略に盛り込んだもの。設置計画を進めていた銀行は利便性と不正防止を両立させる難しい運営を迫られている。

今回狙われたのは海外で発行されたクレジットカードで現金を引き出せるATM。ゆうちょ銀は全国約2万7000台、セブン銀は約2万2000台で導入しているが、ほかの銀行は導入を本格化する矢先だった。


事件を受け、セブン銀とゆうちょ銀は海外カードによる引き出し限度額を1回当たり10万円から5万円に引き下げた。メガバンクで唯一、海外カード対応ATMの導入を始めていたみずほ銀行も順次、限度額を10万円から5万円に引き下げている。


事件の影響は海外カード対応ATMの導入計画にも波及している。政府は2020年に訪日外国人4000万人の目標を掲げ、3メガバンクに対し18年までに約3000台の設置を要請。これまで投資コストが高いことから慎重だったメガバンクなどは訪日外国人の利便性向上に向け、相次いで導入を決めていた。

3メガバンクは18年ごろまでに計3000台を設置するとの目標は変更しない方針だが「より慎重な対策が必要。導入ペースが鈍るのは避けられない」(メガバンク幹部)という。今年度中に導入開始予定の三菱東京UFJ銀行は「改めて対応を検討する」。9月に設置を始める予定の三井住友銀行も対応を検討中。りそな銀行は今月導入予定だったが先送りした。

一方、ATMの利用手数料が収益の柱であるセブン銀行は、今後も海外カードの利用を拡大したい考え。先月には空港や駅などの施設で海外カード対応ATMを拡大する戦略を発表。今年度は海外カードの利用件数を前年度比3割増の830万件とする計画だ。


毎日新聞 2016年6月21日


financial_security at 20:54|Permalinkclip!
最新記事
QRコード
QRコード