2019年08月18日

17歳の少女、金融庁職員名乗りキャッシュカード盗む

金融庁職員を名乗り、高齢男性からキャッシュカードを盗んだとして尼崎東署は16日、窃盗の疑いで住所不定無職、17歳の少女を再逮捕した。現金約50万円が引き出されていたという。
再逮捕容疑は6月15日、何者かと共謀して宝塚市に住む男性(87)からキャッシュカード1枚を奪った疑い。容疑を認めている。

同署によると、宝塚署員、金融庁職員を名乗る男2人が「キャッシュカードの偽造事件で捜査している」と電話し、その後に少女が同庁職員をかたり男性を訪問。カードの確認を装って封筒に入れさせた上で別の封筒とすり替えたという。少女は7月、尼崎市内の女性から現金200万円を詐取した疑いで同署に逮捕された。


2019/8/16神戸新聞


financial_security at 10:38│clip!詐欺 
最新記事
QRコード
QRコード