2007年10月06日

ピンポン!

お昼に『ピンポン!』という番組を見ていたら、
  見えない窃盗団”の全手口を独占スクープ突然キャッシュカードが姿を消す恐怖
をやっていました。
この掲示板でも何回か書き込みがあったように思う事件ですが、
 1.ピッキングやサムターン回しでドアをこじ開けて集合住宅に侵入し、
 2.サイフからクレジットカードやキャッシュカードのみを抜き取る。
 3.早朝に警察を装った犯人の一人から電話がある。
内容は「不審な男性を見かけて、職務質問をしていたら、ご主人のカードが出てきた。」
というもので、家人にサイフを確認させる。サイフからカードのみがなくなっている。警察は盗られたカードの発行先を次々と言い当てて、「警察からも連絡をするが銀行に連絡を…」と言って電話をきる。

 4.銀行から「犯人が暗証番号を解読して預金が引き出される可能性が高いので、取引停止の手続きをとりたい。新しい暗証番号と現在の暗証番号を言ってください」と電話が入る。

 5.(寝起きなので)うっかり暗証番号を言うとお金が抜き取られてしまう…
というものでした。(特に埼玉県に多くて、既に総額一千万円を超える被害とか・・・)

ピッキングやサムターン回しはまた増えているんですね。
しかし、銀行のHPに行くと、少なくとも1年くらい前から「警察や行員が暗証番号をたずねることはない」と書いてありますが、大きな被害になるのは利用者への周知の仕方に問題はないのかしら…。


おすすめ防犯システム!
BBeeホームセキュリティ
一戸建て住宅、マンション、アパートの防犯、空き巣対策。BBeeホームセキュリティ、月々の管理費用の要らない本格派防犯システム


警戒中に扉や窓が開けられると警報を発します!



financial_security at 19:18│clip!預金 
最新記事
QRコード
QRコード