2018年05月03日

不正入手カードで48万円引き出す 容疑の男逮捕 群馬

館林署などは1日、窃盗の疑いで、東京都足立区の塗装工(29)を逮捕した。調べに対し容疑を認めている。

逮捕容疑は昨年8月8日午後1時半ごろ、栃木県佐野市内の金融機関の銀行ATMで、同県内の女性(89)から不正に入手したキャッシュカードを利用して、現金約48万円を引き出して盗んだとしている。

同署によると、同日、警察官を装う者から電話を受けた被害女性が、自宅を訪れた金融庁職員を名乗る者にキャッシュカードを渡していた。男は今年3月から4月にかけて、いずれも窃盗容疑で逮捕、起訴されていた。同署は共犯者がいるとみて調べている。

2018/5/2産経新聞

financial_security at 12:32|Permalinkclip!

2018年04月23日

本物抜き取り偽物を封筒へ。神奈川で「カードすり替え型」窃盗急増。

本物のキャッシュカードを偽物にすり替え、封筒などに入れた上で相手に返す。こうした「カードすり替え型」と呼ばれる手口の被害が県内で急増している。容疑としては窃盗に該当するが、県警では特殊詐欺グループが考案した新たな手口とみている。被害に遭ったこと自体に、すぐには気付きにくい側面もあり、県警は警戒を強めている。


年の瀬が迫った昨年12月中旬、川崎市中原区に住む80代の無職女性宅にスーツ姿の男が現れた。直前に金融庁職員を名乗る人物から、「あなたの口座から30万円が引き出された。キャッシュカードを使えないようにするため、口座番号や暗証番号を教えてほしい。また、被害額は補償可能なので、これから向かう男に確認のためカードを見せてほしい」と電話が入っていた。

女性が男にキャッシュカードを手渡すと、男は自前の1枚の封筒にカードを入れ、「封筒に上から印鑑を押すので、印鑑も持ってきてほしい」と依頼。女性が持って戻ると、男は封筒ののり付け部分に印鑑を押し、「確認は済んだので、間違ってカードを使わないようこの封筒に入れておきました。来週また連絡するので、それまでは封を開けないでください」。男はそう言い残して、立ち去った。

封筒の中身がコンビニエンスストアのポイントカードだったことに女性が気付いたのは、その日の夜。女性が同居する長女に、その日の出来事をなんの気なく話したときだった。

2018/4/20産経新聞

financial_security at 09:12|Permalinkclip!預金 

妻に保険金5000万円、請求はせず…水難偽装

和歌山県白浜町の海岸で、水難事故を装って妻を殺害したとして夫が逮捕された事件で、夫の被告(29)(窃盗罪などで公判中)が妻にかけた生命保険は、2社で計約5000万円にのぼることが、県警への取材でわかった。被告は事件後、いずれも請求しておらず、県警が経緯を調べている。

被告は昨年7月18日、別居中だった妻(当時28歳)を海に沈めて殺害したとして、今月19日に殺人容疑で逮捕された。妻は水着姿で白浜の海岸から病院に運ばれ、2日後に死亡。夫の被告は県警に「シュノーケリング中に溺れた」と説明していた。

捜査関係者によると、被告は別居する前の昨年春から同7月、2社の生命保険を妻にかけていた。いずれも自分が受取人で1社は3000万円、もう1社は約2000万円だったという。

2018/4/21読売新聞

financial_security at 09:07|Permalinkclip!生命保険 

2018年04月15日

窃盗未遂で男送検 高齢女性のキャッシュカード使う

札幌市内の金融機関で、高齢者のキャッシュカードを使い現金を引き出そうとした疑いで、35歳の男が15日までに逮捕送検されました。

自称・飲食店従業員の容疑者(35)は13日、札幌市東区の金融機関で、他人のキャッシュカードで現金を引き出そうとした疑いがもたれています。キャッシュカードは、厚別区に住む80代の女性のものでした。女性は今月11日、電話で警察官を名乗る男に「詐欺グループがあなたの口座から現金を引き出した」などと言われ、その後自宅に来た男に、カードを封筒に入れるよう指示されました。

女性はさらに印鑑も取りに行かされ、戻ってきたときに、別のカードが入った封筒が渡されていました。すでに女性のカードで2回、あわせて200万円が引き出されていて、容疑者は張り込んでいた警察に現行犯逮捕されました。

HTB北海道テレビ2018/4/15



financial_security at 19:44|Permalinkclip!預金 

2018年04月08日

警察官かたりカード詐取、72歳女性65万円被害

京都府警西京署は6日、京都市西京区の女性(72)が警察官をかたる男にだまされてキャッシュカードを盗まれ、ATM(現金自動預払機)から約65万円を引き出される被害があったと発表した。同署が窃盗事件として捜査している。

同署によると、6日正午ごろ、「銀行口座から現金が引き出されている」と女性宅に電話があり、女性はその後現れた40代ぐらいの男の指示でカードを封筒に入れた。封印するための印鑑を取りに行った隙に別の封筒にすり替えられ、カードを盗まれたという。

2018/4/6京都新聞

financial_security at 12:13|Permalinkclip!詐欺 

2018年04月05日

カードを取りに来た偽警官が身分証の提示拒否、女性が通報 店で現金引き出す男発見、容疑で逮捕

埼玉県の鴻巣署は3日、詐欺の疑いで、自称東京都豊島区東池袋、無職の男(34)を逮捕した。

逮捕容疑は氏名不詳者と共謀の上、3日午前10時ごろから数回、鴻巣市の女性(84)方に警察官を名乗り「あなたのキャッシュカードが偽造されています」「口座を止める手続きをして新しいキャッシュカードを作りますので、暗証番号を教えてください」「金融庁の者がお宅に伺うのでキャッシュカードを渡してください」などと電話をかけ、同日午前10時半ごろ、女性宅でキャッシュカード3枚をだまし取った疑い。

同署によると、女性が身分証明書などの提示を求めたが応じなかったため、不審に思った女性がすぐに同署に通報。駆け付けた署員が女性方近くのコンビニエンスストアで現金自動預払機(ATM)から現金を引き出そうとしている男を見つけ逮捕した。男は「受け取ったのは間違いない」などと供述しているという。

2018/4/4埼玉新聞

financial_security at 22:10|Permalinkclip!預金 

2018年04月03日

日本郵便を装い個人情報盗もうとする偽サイト

日本郵便は、ロゴを使って日本郵便を装い、客から個人情報を盗もうとする偽のウエブサイトが見つかったと発表しました。

サイトはアンケートに回答するとプレゼントがもらえるというもので、住所などの個人情報の登録が求められるということです。個人情報を盗み取るいわゆる「フィッシング」詐欺とみられています。

不審に思った利用者からの問い合わせが相次いでいるということで、日本郵便は注意を呼びかけています。

2018/4/3 TBS

financial_security at 06:10|Permalinkclip!詐欺 

2018年04月01日

余罪1500万円か 偽造カードでブランド品を購入

マレーシア人の容疑者2人は、2018年1月、東京渋谷区の高級ブランド店で、偽造クレジットカードを使って、バッグなど37万3000円相当を購入し、だまし取ろうとした疑いなどが持たれている。

2人は、マレーシア人の犯罪グループの一員で、偽造カードを使い、日本国内でブランド品をだまし取るなどして、これまでに3人が逮捕されている。
警視庁は、グループの余罪が1500万円にのぼるものとみて、追及している。

2018/3/22ホウドウキョク

financial_security at 20:27|Permalinkclip!クレジット 

「地方狙い」移動の車中、カード偽造

偽造クレジットカードで商品をだまし取ったとして、中国人偽造グループの男女4人が詐欺容疑などで警視庁に逮捕、起訴されていたことがわかった。

拠点が摘発されないよう、走行中の車内でカードを偽造していたという。同庁は、このグループが10都県で電化製品など約3700点(約9300万円)を詐取したとみて、裏付けを進めている。

逮捕されたのは、東京都豊島区池袋の会社役員(31)ら。起訴状では、昨年5月、岐阜県各務原市のショッピングセンターで偽造カードを使い、掃除機など約30点(計約26万円相当)をだまし取ったなどとしている。

捜査関係者によると、被告は2016年1月〜昨年8月、中国人向けSNSで集めた仲間と、関東地方や東海地方のショッピングセンターやホームセンターなどを回り、偽造カードで電化製品やオムツ、食料品などを詐取していた。

調べに対し、被告は「東京から地方に向かう車内でカードを偽造した」と供述。車からはカードリーダーや、数百人分のカード情報が入ったパソコンが押収された。

被告は「東京は警察に捕まると思ったので地方を狙った。郊外の店は店員のカード確認も甘かった」と供述しているという。

2018/3/30読売新聞

financial_security at 20:25|Permalinkclip!預金 

2018年03月08日

市職員かたりカード2枚盗む 127万円被害

草加署は7日、八潮市の無職男性(87)が市役所職員をかたる男らにキャッシュカード2枚を盗まれ、口座から計約127万円を引き出される被害があったと発表した。窃盗容疑で捜査している。

同署によると、6日午前10時ごろ、男性宅に市役所職員をかたる男らから「医療費の還付金がある」「入金するので口座番号と暗証番号を教えてほしい」などと電話があった。同日正午ごろ、金融庁職員を名乗る男が男性宅を訪れ、キャッシュカード2枚を封筒に入れさせ、中身をすり替えてカードを盗んだという。

2018/3/8産経新聞

financial_security at 10:17|Permalinkclip!預金 
最新記事
QRコード
QRコード